ブログトップ

マシュー ジョン ソヴヤニ Matthew John Sovjaniー梟森の住人ー

sovjani.exblog.jp

陶芸一家のライフスタイル

タグ:益子の陶器市 ( 2 ) タグの人気記事

マシューの個展の期間が延長し、4月19日までとなりました。
すでにご来場いただきました皆様、遠くから来ていただきまして、ありがとうございました。

個展情報+うちの庭情報です。
こごみが増えました。
c0202453_10502312.jpg

朝採りこごみ。近所のお宅より沢山摘ませてもらい、今晩のおかず。とれきれないらしい。お好み焼きにいれても美味しいらしいです。(まだ食べたことない)
c0202453_10503224.jpg
うちは、さっと茹でて味噌マヨで食べちゃいます。
c0202453_10533953.jpg

ジューンベリーの花は、可愛くて綿毛みたいです。
c0202453_10541778.jpg
カイドウの花は、力強く咲いていて元気になります。
そして、もうすぐ益子の陶器市です。 4/29-5/6
[PR]
by sovjani | 2015-04-17 10:58
おととい、ようやく釉がけ、窯詰めが終わりました。
c0202453_22332343.jpg

ぎっしり詰まった窯の中。
そして、煉瓦の扉を閉じたのが10月28日の夜。そのままあぶりを明け方6時まで。
マシューは、一度、窯を閉じて体力温存のため仮眠、約4時間。その後本焼きが始まりました。
いつもながら緊張。用があるため私は夜8時30分頃帰宅。その頃すでに900度を超えて、還元焼成に入っていました。友人2人が窯焚きの手伝いに駆けつけてくれました。
手前、磯部 大我さん。陶芸家で、上り窯の持ち主。初窯のときに松薪をプレゼントしてくれました。
丁寧な作品をつくり炎の情熱がアツい、若手陶芸家。陶器市では、うちのテントの隣です。ぜひ、彼の作品も見に来て下さいね。もう一人はガラス作家。やはり火の使い手ですね。彼も陶器市に出店します。
c0202453_22444724.jpg

c0202453_22445581.jpg

磯部さん、遅くまで手伝ってくれてありがとう。(わたくし息子と寝入ってました。)
夜明け前、4時に起きたとき、温度は1200度を超え、ゼーゲル9番完倒。10番が倒れ始めていました。
c0202453_2250838.jpg

c0202453_22501423.jpg

薪をかき混ぜ中の灰を被せているところ。
c0202453_225116.jpg

還元もいいかんじかな。
ようやく火を消したのが、朝9時頃。1200度でかなりひっぱっていましたが、中の様子はどんなもんかしら。
新しい釉もあるので楽しみ。
c0202453_2254497.jpg

仕上げに少し炙って渋さを出します!これがタイミング難しいらしいです。

益子の陶器市  11月3日から7日まで。場所は共販センターのタヌキゾーンで、主に私が担当。
マシューは、ましやま のお店前にて、柴田鯨氏と共に出店します。


ーこの場を借りてお礼のひとことー
     Aさん、お手紙ありがとうございます。そして、国際人流のご購入ありがとうございました。Aさんのお手紙、とっても励みになります。いつも応援ありがとうございます。
     Nさん、この間は、メール有り難うございました。
この窯の中に頼まれている酒器入っています。出来上がりわかり次第、メールします。

Thanks, SOVJANI
[PR]
by sovjani | 2010-10-30 22:59 | wood kiln 薪窯