ブログトップ

マシュー ジョン ソヴヤニ Matthew John Sovjaniー梟森の住人ー

sovjani.exblog.jp

陶芸一家のライフスタイル

c0202453_1225162.jpg
季節はもうすぐ冬になりますね。枯葉が道にたまってきました。息子は、どんぐり拾いに夢中です。いつものお散歩コース。
c0202453_125646.jpg
今年は、イノシシの被害が多いそうです。うちも、夜中に怪獣が歩くような木の枝をボキボキいう音がして、な、なんだー???と思いましたが、怖くて寝てしまいました。朝マシューが、大声出してるので見に行くと、直径1メートルほどの穴が4カ所も掘られていました。
[PR]
# by sovjani | 2009-12-05 12:08 | daily 日々の事
c0202453_11523411.jpg
この扉、重くて取り付け大変そうでした。両脇にある筋かいもマシューのおきまりの彫りです。c0202453_1155152.jpgペンキを塗るの、2階なので高さが大変そうでした。昔、学生の頃、ペンキ塗りのバイトしていたそうで、得意だと言ってました。
c0202453_1158168.jpg

[PR]
# by sovjani | 2009-12-05 11:58 | セルフビルド
c0202453_11353542.jpg
彫刻のように線を彫って模様を造り上げていくのが特徴です。全体的に彫って、形を造り出す物も多々あり、それらの作品が、様々な技法で焼かれ、それぞれ違った趣を持ちます。
c0202453_11492256.jpg

[PR]
# by sovjani | 2009-12-05 11:50 | work 手仕事
こちらは、益子の秋の陶器市の様子です!
タヌキゾーンの太田さんが作成し、バックミュージックももちろん太田さんがギターを弾いているんです!
[PR]
# by sovjani | 2009-11-13 11:50 | Exhibition、個展、イベント情報
陶器市が終わると、やってきます。息子の誕生日が。その日は、一日中息子に夫婦二人でつきあいます。普段、遅くまで仕事をするため、なかなか一緒にいる時間がないので、誕生日は、家族で息子の行きたい所に行く事にしています。今回は、那須のどうぶつ王国でした。
c0202453_1558238.jpg
c0202453_15583920.jpg空気も紅葉もきれいで山に見とれてしまいました。横では、ベーコンの串焼きを息子とがつがつ食べるマシューの姿がありました。よほど、おいしかったのか、3本も食べていました。もっと、カリカリにやいてください。なんて言っていました。c0202453_1655228.jpg息子が一番気に入ったのは、ニャンニャンなく猫バスでした。私は、キャラメルポップコーンがあつあつで花マルでした。動物たちへのえさやりは、息子よりマシューのほうが、楽しんでいたみたいで、息子は、広い野原をかけまわり満足していました。c0202453_16164476.jpgc0202453_16192971.jpg
[PR]
# by sovjani | 2009-11-12 15:51 | daily 日々の事
ようやく棟上げする事が出来ました。この時も、大勢の友人が手伝いに来てくれました。みんな、ありがとー!!
棟上げが始まると、カーンカーンという材木の奏でる音が山の中にこだまし、同時に気持ちもわくわくしました。
c0202453_14165671.jpg
c0202453_14171853.jpg
c0202453_1418358.jpg

[PR]
# by sovjani | 2009-11-11 14:19 | セルフビルド
益子に住もう。そう決心して、土地探しを始める事になりました。
その頃住んでいた茂木にある日本家屋は今にも壊れそうなくらい古くて、地震がくると以上なほどグラグラ揺れて、ここでは子育ては無理。。。家を建てましょう!と、計画を練って毎晩二人で話し合ってました。
日本家屋に使われていたケヤキの大黒柱、コミ栓が打たれた梁や柱などの職人の技術を、身じかに見る事も今の家を建てる良い勉強になりました。
c0202453_12355570.jpg
ようやく住みたい土地が見つかると、まずは道をつくり、整地し水道を引き、それだけでも1年以上かかりました。整地しながら、切り倒した材木を家を建てる際に使う事になり、皮を剥いでねかして製材し、梁や柱として使えるようにするのにも時間がかかりました。c0202453_13125731.jpgc0202453_1329124.jpg












家の基礎も自分たちで作りました。楽しかったのは、友人何人かとの、コンクリートの流し作業でした。わっせわっせと、コンクリートを運んでは流し、協力してくれた友人たちの笑顔が今も忘れられません。
c0202453_1341284.jpg

[PR]
# by sovjani | 2009-11-11 11:58 | land 益子の土地
 個展  ギャラリー加古   茨城県水戸市河和田1-1545-7  phone029-255-6005
12月2日(水)〜8日(火)

c0202453_1158062.jpg
c0202453_11192373.jpg
展示会のための準備です。素焼きが終わり、作品を一度磨いて、窯詰めします。c0202453_11223015.jpg窯炊きが始まり約24時間後、これからが大変です。灰を被せるためもうひとがんばり。c0202453_11271970.jpg
c0202453_1131636.jpg
窯出し。
c0202453_11322666.jpg
会場内の様子です。
ご来場していただきました皆様、ありがとうございました。
[PR]
# by sovjani | 2009-10-29 11:58 | Exhibition、個展、イベント情報
益子 秋の陶器市
c0202453_11364839.jpg
今年も共販センターの大きなタヌキ、斜め前にて出店します。タヌキゾーンです。
you tube の秋の陶器市、みてくださいね。
遊びに来てくださいねー。気軽に声かけてください!
10月31日(土)〜11月4日(火)まで
c0202453_11421436.jpg

[PR]
# by sovjani | 2009-10-29 11:42 | Exhibition、個展、イベント情報
c0202453_12355678.jpg

釉がけが終わった作品の窯ずめ後、窯の口を煉瓦一つ一つ積み上げて閉じて行きます。
c0202453_1241297.jpg

あぶりが始まり窯に生を吹き込みます。
c0202453_1244471.jpg

休みなく、そしてテンポよく火の具合をみながら攻め続けます。
c0202453_12464876.jpg
c0202453_1247135.jpg
c0202453_12474138.jpg

温度が1300度近く上がるので、窯の近くにいると、エネルギーがどんどん吸い取られます。くたくたになりながらも、最後の力を出し切り、窯の火と戦うのです。
この日は、明け方まで窯炊きし、3日後に窯出しでした。
c0202453_12533480.jpg

[PR]
# by sovjani | 2009-09-15 13:09 | firing 窯炊きが終わるまで