ブログトップ

マシュー ジョン ソヴヤニ Matthew John Sovjaniー梟森の住人ー

sovjani.exblog.jp

陶芸一家のライフスタイル

<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

雨も降ったりやんだりの益子。
c0202453_21183814.jpg

家で走り回るエネルギー全快息子を連れて、大郷戸ダムに行ってみました。
近すぎて行こうとも思いませんでしたが、友人があまりにも勧めるので紅葉を見に行ってきました。
c0202453_2119988.jpg

駐車場から水際の小道を歩くとぐるりと1周して紅葉を楽しめました。
c0202453_21204792.jpg

これは散歩にちょうどいい!それから、釣り人もたくさんいるし、鴨も遊んでる。
のんびりしたい日にぴったりでした。
c0202453_212135.jpg
晴れた日の、朝一番が最高だとか。
c0202453_2123121.jpg

[PR]
by sovjani | 2011-11-20 21:24 | land 益子の土地
息子の七五三。もう、5歳なんだ。子供の成長ってはやい!
c0202453_102602.jpg

c0202453_1026797.jpg

その日は芳賀町の和食家 おがわ亭に行ってランチしました。
一度行ってみたかったのだ。いつも、車が止まっていて気になっていました。
セットメニューでボリュームたっぷり。デザートのケーキとコーヒーまでついてお値段も980円〜。安い!
各部屋も個室で子供がいても大丈夫。
c0202453_10303182.jpg
海鮮丼定食
                   
c0202453_1031149.jpg
刺身定食   
                  
c0202453_103204.jpg
和牛定食   
c0202453_10332248.jpg
うな重定食

大満足のランチ!花マル。
   
[PR]
by sovjani | 2011-11-13 10:35 | daily 日々の事
陶器市も終了し今日は後片付けです。 バタバタした陶器市前からのどこに何があるやら状態の作業場や窯場の
整理が山ほど残っております。

さて、昨日の最終日に写真を撮らせていただいたタヌキゾーン作家の作品達。
いったい誰の作品でしょうか?
c0202453_14164428.jpg

大きな花入れ。薪窯で焼成されて糠白釉がさらに奥深くなっている。これは誰の作品でしょうか???

c0202453_14203236.jpg

灰釉がとってもきれい。大きな板皿。
c0202453_14213092.jpg
これは誰の作品?????

c0202453_1422722.jpg
かわいいグルグルがアクセントの取り皿。釉薬も素敵。若手作家。はて、誰の作品でしょう?????

c0202453_14235097.jpg

こんな素敵な大皿が床の間にでーんとあったらかっこいい!誰の作品かな?????



そして昨日は息子の5歳の誕生日でした。おめでとう。
c0202453_1425215.jpg

忙しい陶器市最中、こちらのスケジュールによくついて来てくれた。えらいぞ、息子!さすが5歳だ!

最終日なのに新潟や、外国から多くのお客様がきてくれました。沖縄の方から立ち寄ってくれた方もいたとか。陶器市盛り上がりましたね。ありがとうっございました。



クイズの答え
上から、  登窯所有者 磯部さんの花入れ
同じく登窯所有者でブルース作家の太田さんの板皿
太田さんの娘さん、菜摘ちゃんの作品
にっこりスマイル作家、山内さんの作品でした。

また、春の陶器市がんばりましょ。
[PR]
by sovjani | 2011-11-08 14:31 | work 手仕事


さて、私たち陶芸家は、たいていこの作品は誰が作った!と技法や特色をみてすぐにわかってしまうものです。作品をみれば、どうやって作ったのかを検討するのも勉強ですね。
では、問題です。
これらの作品は、タヌキゾーンのどの作家がつくったでしょうか?????

c0202453_2063063.jpg

答えは一番下に書きました。
c0202453_2020104.jpg

このワインカップは、どなたの作品でしょう?????
c0202453_2021739.jpg

こちらのカップ&ソーサーは?????
c0202453_20234825.jpg

この飴釉のトールカップは誰の作品でしょう?????


益子の秋の陶器市も今日で4日目。明日が最終日です。
今日は、あいにく雨でしたが、たくさんの方々にお越しいただき、本当にありがとうございました。
いわきや、宮城県からも足をお運びくださり、ありがとうございました。
皆さんの元気な顔を見れて、わたしたちも元気をもらいました。


問題の答え:一番上から、笛吹き作家の田村さんの作品。
      練り込み作家の松村さんの作品
      コーヒー好きの大高リーダーの作品
      飴釉大好き作家の石原さんの作品でした。

明日もお楽しみに!
[PR]
by sovjani | 2011-11-06 20:29 | work 手仕事
今日で、3日目の陶器市です。
今回は、共販センター タヌキゾーンのお友達を紹介したいと思います。

c0202453_2013138.jpg

おとなりテントの石原さん、とってもやさしくておもしろい。マシューのうちから歩いて1時間?弱の山奥に住んでいる作家さん。
作品も色々な釉薬を使いこなし、味のあるものから和モダンまで
多種多様の作品がテントにずらり。ちりめん細工の品も置いてあり一見の価値あり!です。

c0202453_2016582.jpg

面倒見よくて、おちゃめな大高リーダー。作品は、カフェにとってもよく似合うスタイリッシュなものがたくさん。
おもしろいから、ぜひ、声をかけてみてください。

c0202453_20215291.jpg

c0202453_20215949.jpg

ティーボウルブルースでおなじみのブルース作家の太田さんと、娘さん。作品は、釉がしっとりと溶けなんともいえない風情を出すのが太田さん。娘さんは、若さいっぱいで斬新な作品が多い。
登窯所有者。窯焚きもギターも相当の腕。 太田さんのブルースをききたかったら、you tubeのタヌキゾーンで聞けます。タヌキゾーンの作家が登場します。

c0202453_20295164.jpg

太田さんのおとなりさん、山内さん。大皿がかっこいい。焼き物の知識が豊富で何でも教えてくれます。
いっつもスマイルのやさしい山内さん、やっぱり山奥に住んでいます。

c0202453_20323545.jpg

こちらマシューのテント後ろの磯辺さん。生粋の益子人。産まれてからずっと益子に住んで、小さい時から薪窯
に慣れ親しんで育った陶芸男。うちのご近所さんで、よく遊びに来てくれる。以前、ブログに登場してましたね。

c0202453_20353745.jpg

その、お隣の田中さん。お料理が上手で期間中必ず差し入れしてくれます。今回も栗の渋皮煮とイチジクのコンポートおいしかったです。

c0202453_20465652.jpg

そして、笛吹き作家の田村さん。おしゃべり大好きな愉快な作家さん。作品につけるネーミングも愉快で、見入ってしまう。顔に似合わずお茶目で面白い作品を展示してくれています。

c0202453_203715.jpg

そして、以前、マシューが栃木テレビに出演したときに一緒に出演してくれた松村 仁団望さんと奥さん。
とっても恥ずかしがりやですが、しゃべるとこれはまた面白い人で、楽しい時間をくれる人。
二人ともとっても親切でやさしいご夫婦。松村さんの作品は、
c0202453_2040179.jpg

練り込み、という技法で手間ひまかかり、また高度な技術を要します。これは、本当に一筋縄では作れない品物。他にも細やかな絵付けの作品も出展していて、タヌキゾーンをおしゃれに引き立ててくれています。本当にすばらしいので、ぜひ見てくださいね。

タヌキゾ−ンにぜひお立ち寄り下さいませ。
[PR]
by sovjani | 2011-11-05 20:56 | Nice to meet you!
陶器市が始まり2日目です。たくさんのお客様のご来場ありがとうございました。
c0202453_2034347.jpg

c0202453_2035098.jpg

c0202453_2035595.jpg

こちらが、マシューのテント。共販センターのたぬきゾーン、コンビニヤマザキ前にて。
c0202453_2073871.jpg


昨日は、大勢のお客様に来ていただき、久しぶりに会えた長年陶器市に顔を見に来てくれるお客様と会えて本当にうれしかったです。遠いところから、わざわざありがとうございました。
埼玉のTさん、楽しかったです。
[PR]
by sovjani | 2011-11-04 20:08 | Exhibition、個展、イベント情報
秋の陶器市が明日からですが、こちらは、昼2時にやっと火を止めました。
今回の薪はほとんどが赤松。
c0202453_215171.jpg

c0202453_21511574.jpg

c0202453_2151244.jpg

夏前から少しずつ集めて準備した薪。
窯のまわりをずらっと囲んで待機中です。
赤松は油分が多く火力があり、薪窯に適している、高級な薪です。
c0202453_21531756.jpg

c0202453_21532945.jpg

午前10時には、1130度あたりだったでしょうか。
その後、友人の柴田さん登場。窯焚き手伝ってくれました。
ありがとう!
c0202453_21543848.jpg

c0202453_2154484.jpg

c0202453_215503.jpg

この窯の品は、土曜日に窯出しして陶器市に出場します。お楽しみに。
[PR]
by sovjani | 2011-11-02 21:57 | wood kiln 薪窯
明日から陶器市です。3日から7日まで、共販センターのコンビニ、ヤマザキ近くに出展します。
昨夜から窯に火が入って今も格闘中。
c0202453_74416.jpg

昨日5時に火入れ。マシューは3時間しか寝てなかったので私があぶりを担当しました。
9時半までマシューの仮眠中、温度は540度まで上昇。その間、息子は窯のまわりで遊んでひやひやするわたくし。戻って来たマシューからお褒めの言葉をいただき、炙り担当終了です。
c0202453_7475461.jpg

いよいよ大口を開ける。
c0202453_7481611.jpg

この煉瓦は、熱くてわたしじゃ持てない!
c0202453_7485643.jpg

大口が開いて、煙突の引きを調整し、次のステップに入ります。
窯さん、(今度息子に窯の名前考えてもらお!)どんなの出してくれるかな? 
いっぱい薪食べて、いい物出してね! 

陶器市、お待ちしております。
[PR]
by sovjani | 2011-11-02 07:53 | Exhibition、個展、イベント情報