ブログトップ

マシュー ジョン ソヴヤニ Matthew John Sovjaniー梟森の住人ー

sovjani.exblog.jp

陶芸一家のライフスタイル

<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

c0202453_23221179.jpg

Frosty the Snowman〜060.gif
c0202453_23241533.jpg

我が家のクリスマスは、25日の朝、息子のサンタが来たよ〜から始まります。
まずは、プレゼントを次々と開けます。そして朝食。
ブレックファーストにベーコンとパンケーキ、フルーツと前夜の残りのチキンをサラダにします。
朝食が終わると、益子のサンタとニューヨークサンタが運んだおもちゃ全てフルコースで遊びます。もちろん我々もおつきあい。気がつくと、もう昼過ぎ。軽くランチにします。ランチと言ってもあの日は、日本そばでございましたが。
c0202453_23321924.jpg

クリスマスディナーは、ターキーかハムが、マシューの家では必ず出たとの事。お母様が、伝統的なクリスマスが好きなんですって。我が家は、今年はターキーはやめて、鶏の丸焼きをイヴに食したので、クリスマスは、ミートローフにしました。デザートは、ケーキと上に生クリームをのせて、チョコスプレーをたっぷりかけたアイスクリーム。
マシューのお母様のお手製ファッジ。でございました。
[PR]
by sovjani | 2010-12-26 23:42 | daily 日々の事
昨日マシュー、栃木テレビ初出演。到着時。
わたくし5時半まで目一杯働き、クタクタ、プラス腰の痛みに耐えながらマシューに付き添い。
息子も同伴。
c0202453_23243611.jpg

その後スタジオ初見学。
c0202453_23253130.jpg

をし、控え室にて待つ事、約2時間。途中リハーサル(これは、ばっちり!上手に出来ていました。)も入り、
はい、本番!  おしい、おしい、008.gifところどころ日本語間違えていましたね!緊張したのでしょう。
もし、わたくしがニューヨーク、ウエストチェスターのテレビ局でインタヴューなんてなったら、とても恥ずかしくって英語、使えないです!
c0202453_23303579.jpg

関口洋平氏と奥様真紀子様のありがたーい付き添いもあり、何とか無事本番を終えて、ひとまず乾杯にコンビニに走った二人。その後、2時まで宴が続きました。

ーまたまた、ちょこっと裏話ー
今回、約19分ほどの出演でしたが、瞬く間に過ぎ去るマシューのそれぞれのショット。
実は、長ーい時間をかけてフィルム撮影し、同じセリフを何度も言って撮影されるんですね。(わたしでさえ、3回は同じセリフ言った。)
文章なら上手に書き直してもらえるのですが、、、生の声を撮る、そして聞いている相手がわかりやすい言葉を拾わなければならない。特に、外国人の使う日本語の編集は通常よりも、手間がかかりチャレンジだったことと思います。
全体像を描くディレクターさんが、その長ーいテープから最高のそれぞれのマシューショットを拾って編集してるんですね。短い期間、陶芸家の仕事、マシューの性格、今までの生き方をするどく見抜いてVTRに納め、聞いた事も無い陶芸専門用語もすぐに理解し、さらに秒ごとに編集するという大変さ。経験からなのか、機転のきいたディスプレイの仕方。拍手でございました。番組も思っていた以上にすてきで、マシューも大大感激でございました。局の雰囲気もとっても和やかで緊張しない様、配慮が行き届いていました。
局の皆様、貴重な体験を、有り難うございました。
[PR]
by sovjani | 2010-12-25 00:04 | daily 日々の事
昨日、ようやく窯出しが終わりました。
煉瓦の扉を一つずつ取り出して、中の様子が少しずつ見えてくる。
緊張気味ですが、好奇心でわくわくする瞬間のマシューと、栃テレ局の方。
今回の窯からでた作品は、23日の放送時(栃木テレビ、夜9時から10時の間)に公開予定です。
マシューも生出演。(すごく緊張してます。)お楽しみに!
c0202453_1064331.jpg

[PR]
by sovjani | 2010-12-21 10:06 | wood kiln 薪窯
窯詰めがようやく終了。
c0202453_12242475.jpg

Finished loading the kiln finally.
c0202453_12244568.jpg

最後のブロックを入れるとき。このとき、詰め終わった作品が脳裏に一瞬に現れて、うまく窯が焼けるように、と念がこもります。
c0202453_12255177.jpg

The last block of the gate. When he put the last one, in this moment, all the pots he made go through in his mind and wish the best firing.


c0202453_12332012.jpg

昨日の寒さの中、栃木テレビさんの取材(12月23日 木曜日 夜9時から10時のトチギストで放送予定です。)も還元のいいところで入り、取材が終わった後も、一人火と戦うマシュー。
c0202453_12375220.jpg


朝7時ころ、温度計は、1204度、でも窯の中は、ゼーゲル10番が倒れてきていました。
c0202453_1239935.jpg

今回の窯の炎。
[PR]
by sovjani | 2010-12-17 12:43 | wood kiln 薪窯
ギャラリーいわき のための1回目窯詰め。
ここからポストカード用の作品を取り出すので急ぎ窯をいっぱいにしなければなりませんでした。
もっとたくさんつくりたかったな、とつぶやきマシュー。
薪窯の場合は、手をかけた品物を待つ余裕が無いのです。
薪の準備やら、窯の雑用だけで2週間はタイムマシーンに乗ったかのように過ぎてしまうのです。
だからこそ、手間ひまかけて作った彫紋などで華飾された作品には、彼にとって価値がある物なのです。
c0202453_10211578.jpg

Loading the kiln for the solo exhibition of the gallery Iwaki.
For the wood kiln, he has to fill it with all the pots so he is not able to make art pieces so many because they need a lot of time to spend like a curved vase. The art pieces takes so much time to finish it and also firing the wood kiln need a time to prepare for the woods, shelves and so many things. To fill the wood kiln and making pieces for it, the time goes so fast for him.
That why we think the piece like a curved vase come out from the wood kiln perfectly has a value.
c0202453_10303983.jpg

[PR]
by sovjani | 2010-12-15 10:32 | work 手仕事
真っ青な空。空気は乾いて最高に気持ちいい。
c0202453_1149494.jpg


個展のための品も少しずつ出来上がり、今日は素焼き前の日なたぼっこ。
c0202453_1144566.jpg

素焼きに入れる作品は、念入りに乾かさないといけません。もし、水分が残っていると、素焼き中にぼんっと爆発したり、ひびの原因になる可能性もあるので。
毎日、面倒を見て来た陶器達。本焼き終了までまだまだ手間ひまかけて育てるのです。

It's a bisque day today! He has spent so long to dry all his show pieces by today. If he dry them for short term, some will have the crack from the pressure of the clay. Since he started to make them, everyday he pays attention to them not to get any damages. Soon he will start preparing his last wood firing in this year 2010.
[PR]
by sovjani | 2010-12-10 12:05 | work 手仕事
マシューの1月の個展にむけての花入れ。
ちょこっと作業場にお邪魔しに入りましたところ、もうすでに轆轤は終わって彫りの下書きに入っていました。
c0202453_11595724.jpg

この後、丁寧に作品に彫りを入れ、窯の準備に入ります。
窯の中には、大皿やら鉢やらも入る予定。花入れと同時進行で製作中。
ティーブレイクは、マシューの手作りチョコチップクッキー049.gif
c0202453_1225462.jpg

[PR]
by sovjani | 2010-12-06 12:04 | work 手仕事
にんじんを四本ほどすって、スパイスやらバターやらを買いにスーパーまで行き、何やらケーキを焼くらしくわさわさ準備していたマシュー。オーブンからはスパイスのいーいかおり。
感謝祭を思い出してか、お得意のケーキを作ってペロリと息子と食べてしまったマシュー。
最後のひときれがわたくしに。(やせなさい。)と言う意味か?
うーん、美味しかった。
c0202453_1165937.jpg

[PR]
by sovjani | 2010-12-01 11:07 | daily 日々の事