ブログトップ

マシュー ジョン ソヴヤニ Matthew John Sovjaniー梟森の住人ー

sovjani.exblog.jp

陶芸一家のライフスタイル

<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

おととい、ようやく釉がけ、窯詰めが終わりました。
c0202453_22332343.jpg

ぎっしり詰まった窯の中。
そして、煉瓦の扉を閉じたのが10月28日の夜。そのままあぶりを明け方6時まで。
マシューは、一度、窯を閉じて体力温存のため仮眠、約4時間。その後本焼きが始まりました。
いつもながら緊張。用があるため私は夜8時30分頃帰宅。その頃すでに900度を超えて、還元焼成に入っていました。友人2人が窯焚きの手伝いに駆けつけてくれました。
手前、磯部 大我さん。陶芸家で、上り窯の持ち主。初窯のときに松薪をプレゼントしてくれました。
丁寧な作品をつくり炎の情熱がアツい、若手陶芸家。陶器市では、うちのテントの隣です。ぜひ、彼の作品も見に来て下さいね。もう一人はガラス作家。やはり火の使い手ですね。彼も陶器市に出店します。
c0202453_22444724.jpg

c0202453_22445581.jpg

磯部さん、遅くまで手伝ってくれてありがとう。(わたくし息子と寝入ってました。)
夜明け前、4時に起きたとき、温度は1200度を超え、ゼーゲル9番完倒。10番が倒れ始めていました。
c0202453_2250838.jpg

c0202453_22501423.jpg

薪をかき混ぜ中の灰を被せているところ。
c0202453_225116.jpg

還元もいいかんじかな。
ようやく火を消したのが、朝9時頃。1200度でかなりひっぱっていましたが、中の様子はどんなもんかしら。
新しい釉もあるので楽しみ。
c0202453_2254497.jpg

仕上げに少し炙って渋さを出します!これがタイミング難しいらしいです。

益子の陶器市  11月3日から7日まで。場所は共販センターのタヌキゾーンで、主に私が担当。
マシューは、ましやま のお店前にて、柴田鯨氏と共に出店します。


ーこの場を借りてお礼のひとことー
     Aさん、お手紙ありがとうございます。そして、国際人流のご購入ありがとうございました。Aさんのお手紙、とっても励みになります。いつも応援ありがとうございます。
     Nさん、この間は、メール有り難うございました。
この窯の中に頼まれている酒器入っています。出来上がりわかり次第、メールします。

Thanks, SOVJANI
[PR]
by sovjani | 2010-10-30 22:59 | wood kiln 薪窯
陶器市の準備も終盤に入り、わたくしは本焼き2回目が無事終わりただいま3回目の窯詰め最中。
ガス窯なのでほぼ安定した品物。注文品やら陶器市品やらの仕分けをしながら毎日バタバタしております。
c0202453_22473565.jpg

c0202453_22474323.jpg

横ではマシューが薪窯の準備に入り釉かけが始まりました。
マシューも忙しいので今回は、出産後初の窯焚きでした。感は、戻って来たかしら。
[PR]
by sovjani | 2010-10-21 22:52 | work 手仕事
国際人流10月号でマシューが紹介されています。
Matthew is introduced by the news magazine.
c0202453_1045342.jpg
日本で活躍する多くの外国人を毎月紹介している雑誌で、語学や、外国、国際社会に興味のある方におすすめです。ディベートに参加予定の知人に見せたらなんとトピックがー日本に移住する外国人に関してーでしたので、まーー!参考に読んでー!と渡したところ飛びついて読んでおりました。国際経済を専攻する高校生、大学生にもぜひ読んでもらいたい情報誌です。
c0202453_11145671.jpg
c0202453_11153276.jpg



c0202453_11153984.jpg
c0202453_11154952.jpg

(ちょこっと裏話)
取材は、4時間くらいでしたでしょうか。マシューとわたくしのトークが延々つづき、ジョークも入り楽しく時間は過ぎました。
本当に、これでいいのかな?  と思いきや、さすがです。 編集する方の文章力って。 実際取材を受けていると、いい言葉が出てこない!のです。 それが、編集するかたの話術ならぬ文術で、すてきにまとまり、あら不思議。 雑誌のなかにふーっと納まるきめ言葉。 編集のお仕事って言葉の芸術なんですね。   
国際人流 編集局の皆様、本当にありがとうございました。 

 マシュー、宏美より。
[PR]
by sovjani | 2010-10-09 11:30 | Nice to meet you!
ただいま秋の陶器市の準備中。年に何回か、釉や、泥の準備などあたふたするときがありますが、
今回は、水肥していた灰を釉で使うために乾燥。
c0202453_9485995.jpg
Drying the wood ashes.



泥をかくはん機で混ぜ、漉しやすくする。
Mixing the white slip.
c0202453_9525185.jpg
c0202453_9524364.jpg



















物作りをする人の時間は物をつくる、というより、こういう雑用に日々追われております。
物を作成する時間は、全体の半分くらい。
でも、この雑用いうのが手を抜くと最後に痛い目にあうのであなどれないのです。
うーん、今回のこの新しい灰、きれいな色ならいいな。ぜひ、益子の秋色陶器市、見に来てくださいな。

He is trying to make a new ash glaze. Hope he will get a nice result. Please come to see us at the Mashiko pottery festival from November 3rd.
[PR]
by sovjani | 2010-10-05 10:05 | work 手仕事