ブログトップ

マシュー ジョン ソヴヤニ Matthew John Sovjaniー梟森の住人ー

sovjani.exblog.jp

陶芸一家のライフスタイル

カテゴリ:work 手仕事( 17 )

陶器市も終了し今日は後片付けです。 バタバタした陶器市前からのどこに何があるやら状態の作業場や窯場の
整理が山ほど残っております。

さて、昨日の最終日に写真を撮らせていただいたタヌキゾーン作家の作品達。
いったい誰の作品でしょうか?
c0202453_14164428.jpg

大きな花入れ。薪窯で焼成されて糠白釉がさらに奥深くなっている。これは誰の作品でしょうか???

c0202453_14203236.jpg

灰釉がとってもきれい。大きな板皿。
c0202453_14213092.jpg
これは誰の作品?????

c0202453_1422722.jpg
かわいいグルグルがアクセントの取り皿。釉薬も素敵。若手作家。はて、誰の作品でしょう?????

c0202453_14235097.jpg

こんな素敵な大皿が床の間にでーんとあったらかっこいい!誰の作品かな?????



そして昨日は息子の5歳の誕生日でした。おめでとう。
c0202453_1425215.jpg

忙しい陶器市最中、こちらのスケジュールによくついて来てくれた。えらいぞ、息子!さすが5歳だ!

最終日なのに新潟や、外国から多くのお客様がきてくれました。沖縄の方から立ち寄ってくれた方もいたとか。陶器市盛り上がりましたね。ありがとうっございました。



クイズの答え
上から、  登窯所有者 磯部さんの花入れ
同じく登窯所有者でブルース作家の太田さんの板皿
太田さんの娘さん、菜摘ちゃんの作品
にっこりスマイル作家、山内さんの作品でした。

また、春の陶器市がんばりましょ。
[PR]
by sovjani | 2011-11-08 14:31 | work 手仕事


さて、私たち陶芸家は、たいていこの作品は誰が作った!と技法や特色をみてすぐにわかってしまうものです。作品をみれば、どうやって作ったのかを検討するのも勉強ですね。
では、問題です。
これらの作品は、タヌキゾーンのどの作家がつくったでしょうか?????

c0202453_2063063.jpg

答えは一番下に書きました。
c0202453_2020104.jpg

このワインカップは、どなたの作品でしょう?????
c0202453_2021739.jpg

こちらのカップ&ソーサーは?????
c0202453_20234825.jpg

この飴釉のトールカップは誰の作品でしょう?????


益子の秋の陶器市も今日で4日目。明日が最終日です。
今日は、あいにく雨でしたが、たくさんの方々にお越しいただき、本当にありがとうございました。
いわきや、宮城県からも足をお運びくださり、ありがとうございました。
皆さんの元気な顔を見れて、わたしたちも元気をもらいました。


問題の答え:一番上から、笛吹き作家の田村さんの作品。
      練り込み作家の松村さんの作品
      コーヒー好きの大高リーダーの作品
      飴釉大好き作家の石原さんの作品でした。

明日もお楽しみに!
[PR]
by sovjani | 2011-11-06 20:29 | work 手仕事
材料、土すべてが違う中、限られた時間の中、はてさて本当に作品は出来上がるのかしら?
すでにいくつかの作品は、mudpieのお庭へポーンと飛んで行きました。
c0202453_9334751.jpg

わたくしもマシューも今ががんばりどき。二人とも眉間にしわが。。。。。
c0202453_92714100.jpg

マシューのテストピース。いったい何個つくったのー?
c0202453_9324958.jpg
c0202453_9322867.jpg

マシューが一生懸命みているのは釉のグラフ。AやBというベースの釉にいろいろな種類の金属を
少しずつ組み合わせてどのように変化しているのかみます。つくったテストの数、約100個。
そのなかで使えるのはわずか。うつわ全体にかけてみると釉にあわがでたり、粘土との組み合わせが悪かったり。いろいろな問題が出てきます。実は、私の作品はもうすでに本焼きが終わり窯からでてきました。色がよく出ず、全く使い物にはならないものでがっくり。
[PR]
by sovjani | 2011-05-25 09:35 | work 手仕事
Thank you for everyone in the mudpie pottery studio to let us use a studio.
It has been for a month for us to being here and we thank everyone here are so nice to us.

Our progress of the exhibition is going. It is not so easy for us to use all new materials here(especially for me, Japanese) but many friends give us a lot of information that support us a lot.

c0202453_1113522.jpg

Matthew is making mug at the studio.
c0202453_11145044.jpg

preparing for bisk by electric kiln
c0202453_11155089.jpg

vase vase vase..... he likes make vases!
c0202453_11165028.jpg

Hiromi's work
c0202453_11173252.jpg

a bowl with handle

We hope to get a good result for next high fire. It is fun for making pots!!
[PR]
by sovjani | 2011-05-20 11:22 | work 手仕事
もうすぐ個展初日です。
寒くてマシューの手は、がさがさ。
ところどころ切れていて痛そう。
寒さの中での仕事となりました。
c0202453_10101795.jpg

c0202453_10254129.jpg
陶芸家は、よく作品を作り続けて自分のなかに新しい自分を見つけるといいます。
それは、時間との戦い。自分との戦い。のなかで出会います。
その時点までつくる時間があるかどうか、間に合わず途中で諦めるか、すべて思い通りには行かない仕事のなかで、満足のいく作品が出会えたかどうか。物をつくる作家のおもしろいところでもあります。


←疲れきって時間がなくて呆然としているマシュー。
まだまだ、窯焚きが待ってるよ!と心の中で励ますわたくし。
c0202453_10302030.jpg

雪が降り始めたその夜での窯詰め。
寒波がマシューを襲う。
作品がくっつかない様に土を丸めて高台下に置くのですが、凍ってしまい扱いにくかったらしい。
ストーブで暖めながら、でも、思うように仕事も進まない。
その日の夜は、朝4時まで。マイナス6度でした。
窯の中が凍らない様に、カバーをかけて仮眠。


c0202453_1164569.jpg
c0202453_117466.jpg
翌朝、窯の中は、凍らず無事、と判明。
息子とわたくしは、雪かき。この道、160mを2往復がんばりました!
c0202453_11103632.jpg

いい作品に出会えます様に。
c0202453_111138.jpg


マシューのホームページ www.sovjanistudioceramics.com
[PR]
by sovjani | 2011-01-19 10:34 | work 手仕事
ギャラリーいわき のための1回目窯詰め。
ここからポストカード用の作品を取り出すので急ぎ窯をいっぱいにしなければなりませんでした。
もっとたくさんつくりたかったな、とつぶやきマシュー。
薪窯の場合は、手をかけた品物を待つ余裕が無いのです。
薪の準備やら、窯の雑用だけで2週間はタイムマシーンに乗ったかのように過ぎてしまうのです。
だからこそ、手間ひまかけて作った彫紋などで華飾された作品には、彼にとって価値がある物なのです。
c0202453_10211578.jpg

Loading the kiln for the solo exhibition of the gallery Iwaki.
For the wood kiln, he has to fill it with all the pots so he is not able to make art pieces so many because they need a lot of time to spend like a curved vase. The art pieces takes so much time to finish it and also firing the wood kiln need a time to prepare for the woods, shelves and so many things. To fill the wood kiln and making pieces for it, the time goes so fast for him.
That why we think the piece like a curved vase come out from the wood kiln perfectly has a value.
c0202453_10303983.jpg

[PR]
by sovjani | 2010-12-15 10:32 | work 手仕事
真っ青な空。空気は乾いて最高に気持ちいい。
c0202453_1149494.jpg


個展のための品も少しずつ出来上がり、今日は素焼き前の日なたぼっこ。
c0202453_1144566.jpg

素焼きに入れる作品は、念入りに乾かさないといけません。もし、水分が残っていると、素焼き中にぼんっと爆発したり、ひびの原因になる可能性もあるので。
毎日、面倒を見て来た陶器達。本焼き終了までまだまだ手間ひまかけて育てるのです。

It's a bisque day today! He has spent so long to dry all his show pieces by today. If he dry them for short term, some will have the crack from the pressure of the clay. Since he started to make them, everyday he pays attention to them not to get any damages. Soon he will start preparing his last wood firing in this year 2010.
[PR]
by sovjani | 2010-12-10 12:05 | work 手仕事
マシューの1月の個展にむけての花入れ。
ちょこっと作業場にお邪魔しに入りましたところ、もうすでに轆轤は終わって彫りの下書きに入っていました。
c0202453_11595724.jpg

この後、丁寧に作品に彫りを入れ、窯の準備に入ります。
窯の中には、大皿やら鉢やらも入る予定。花入れと同時進行で製作中。
ティーブレイクは、マシューの手作りチョコチップクッキー049.gif
c0202453_1225462.jpg

[PR]
by sovjani | 2010-12-06 12:04 | work 手仕事
陶器市の準備も終盤に入り、わたくしは本焼き2回目が無事終わりただいま3回目の窯詰め最中。
ガス窯なのでほぼ安定した品物。注文品やら陶器市品やらの仕分けをしながら毎日バタバタしております。
c0202453_22473565.jpg

c0202453_22474323.jpg

横ではマシューが薪窯の準備に入り釉かけが始まりました。
マシューも忙しいので今回は、出産後初の窯焚きでした。感は、戻って来たかしら。
[PR]
by sovjani | 2010-10-21 22:52 | work 手仕事
ただいま秋の陶器市の準備中。年に何回か、釉や、泥の準備などあたふたするときがありますが、
今回は、水肥していた灰を釉で使うために乾燥。
c0202453_9485995.jpg
Drying the wood ashes.



泥をかくはん機で混ぜ、漉しやすくする。
Mixing the white slip.
c0202453_9525185.jpg
c0202453_9524364.jpg



















物作りをする人の時間は物をつくる、というより、こういう雑用に日々追われております。
物を作成する時間は、全体の半分くらい。
でも、この雑用いうのが手を抜くと最後に痛い目にあうのであなどれないのです。
うーん、今回のこの新しい灰、きれいな色ならいいな。ぜひ、益子の秋色陶器市、見に来てくださいな。

He is trying to make a new ash glaze. Hope he will get a nice result. Please come to see us at the Mashiko pottery festival from November 3rd.
[PR]
by sovjani | 2010-10-05 10:05 | work 手仕事