ブログトップ

マシュー ジョン ソヴヤニ Matthew John Sovjaniー梟森の住人ー

sovjani.exblog.jp

陶芸一家のライフスタイル

お疲れさまでした。

昨日マシュー、栃木テレビ初出演。到着時。
わたくし5時半まで目一杯働き、クタクタ、プラス腰の痛みに耐えながらマシューに付き添い。
息子も同伴。
c0202453_23243611.jpg

その後スタジオ初見学。
c0202453_23253130.jpg

をし、控え室にて待つ事、約2時間。途中リハーサル(これは、ばっちり!上手に出来ていました。)も入り、
はい、本番!  おしい、おしい、008.gifところどころ日本語間違えていましたね!緊張したのでしょう。
もし、わたくしがニューヨーク、ウエストチェスターのテレビ局でインタヴューなんてなったら、とても恥ずかしくって英語、使えないです!
c0202453_23303579.jpg

関口洋平氏と奥様真紀子様のありがたーい付き添いもあり、何とか無事本番を終えて、ひとまず乾杯にコンビニに走った二人。その後、2時まで宴が続きました。

ーまたまた、ちょこっと裏話ー
今回、約19分ほどの出演でしたが、瞬く間に過ぎ去るマシューのそれぞれのショット。
実は、長ーい時間をかけてフィルム撮影し、同じセリフを何度も言って撮影されるんですね。(わたしでさえ、3回は同じセリフ言った。)
文章なら上手に書き直してもらえるのですが、、、生の声を撮る、そして聞いている相手がわかりやすい言葉を拾わなければならない。特に、外国人の使う日本語の編集は通常よりも、手間がかかりチャレンジだったことと思います。
全体像を描くディレクターさんが、その長ーいテープから最高のそれぞれのマシューショットを拾って編集してるんですね。短い期間、陶芸家の仕事、マシューの性格、今までの生き方をするどく見抜いてVTRに納め、聞いた事も無い陶芸専門用語もすぐに理解し、さらに秒ごとに編集するという大変さ。経験からなのか、機転のきいたディスプレイの仕方。拍手でございました。番組も思っていた以上にすてきで、マシューも大大感激でございました。局の雰囲気もとっても和やかで緊張しない様、配慮が行き届いていました。
局の皆様、貴重な体験を、有り難うございました。
[PR]
by sovjani | 2010-12-25 00:04 | daily 日々の事